パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

パンチングメタル(ス-パ-ダイマ)高耐食性めっき鋼板の事例と防錆テスト


ここでは高耐食性めっき鋼板(本物件はス-パ-ダイマ)を使用
してパンチングメタル物件を製作させて頂きました事例をご紹介
いたします。この板は新日鉄製の板で、『めっき層成分が亜鉛を
主に、約11%のアルミニウム、約3%のマグネシウムおよび微量
のシリコンからなる新しい高耐食性めっき鋼板です。』という事で、
板の切断口、パンチングメタルの穴明部(板厚部)が加工時には
中の下地がむき出しになるが時間の経過とともに、めっき層で覆
われて防錆対策も問題ないという事で、もしそれが可能ならパンチングメタル加工後のメッキや焼
付塗装が不要でコスト安になるという事で採用を検討されていました。物件的には左画像の新築
工事で約400㎡の物件ですので防錆についてのコメントが欲しくて、メ-カ-様に打ち合わせの同
席を求めましたが断られ、試作品を作り約一か月位のテストを経て、設計会社様のご決断のもと製
作させて頂きました。パンチングメタル加工においては通常の鉄板と同じで、製作的には問題なく
進みました。その時に試作しましたパンチングメタルを当社の外部窓枠に3年間吊るして観察しま
したので下記にご紹介します。

ス-パ-ダイマパンチングメタルの雨ざらしテスト(2008年2月)


パンチングメタルをテストした場所は屋根もなく
いわゆる『吹きさらし』。テスト期間は2008年2
月から2011年2月の3年間。左画像は2011年
2月14日に久しぶりに大阪に積もる程の雪が降
った時の画像です。設置した当初はパンチング
メタル穴部や切断面に赤錆びの斑点が少し見え
ましたが日を追っていつの間にか消え、現状で
はすべての端面において問題と思われる個所
は見受けられません。3年間の唯一の変化とす
れば当初あった光沢が少し白っぽくなった程度
です。これは一般的な溶融亜鉛メッキと同じ現象で問題はないと思われます。また鉄のパンチング
メタル加工後の溶融亜鉛メッキはいつも熱による歪みが問題となりますので、その面でもメリットが
あります。デメリットとしては、一般的な市場で板が入手しにくい事、一般鋼板やボンデ板のように
切断買いができなくて、定尺規格単位(914X1829,1219X2438)の板を購入してロスを含んでの
価格になるので、寸法の取り合わせが悪ければそのまま原価に跳ね返ってくる事、板に養生されて
いないので加工時や運搬時に擦り傷が入る事などです。ただ物件のパンチングメタル条件(寸法や
意匠)が合えば通常のパンチングメタルに比べメリットがある場合もあります。本件の詳細は稲田金
網株式会社 営業部までお問い合わせください。

ス-パ-ダイマパンチングメタルは、規格在庫品があります。

板厚 0.8T 3'X6' (914mmX1829mm)
パンチングメタル金型 ○十(115B)、3DX5P、5DX8P、10DX15P

板厚 1.0T 3'X6' (914mmX1829mm)
パンチングメタル金型 ○十(115B)、3DX5P、5DX8P、10DX15P

板厚 1.2T 3'X6' (914mmX1829mm)
パンチングメタル金型 ○十(115B)、3DX5P、5DX8P、10DX15P

板厚 1.6T 3'X6' (914mmX1829mm)
パンチングメタル金型 ○十(115B)、3DX5P、5DX8P、6DX9P、8DX12P、10DX15P
需要が少ない為、現在の在庫がなくなり次第補充予定がございません。(要御確認)

高耐食性メッキ鋼板は、ス-パ-ダイマ(新日鉄製)、ZAM(日新製鋼製)があります。
ZAM(ザム)は、金物工事(庇)においては実績があり、同程度の仕様と思われます。

続編 ス-パ-ダイマパンチングメタルのその後 2012年6月25日

ス-パ-ダイマパンチングメタル2012年
ス-パ-ダイマパンチングメタル2012年

テストで当社ビル外壁の面格子にス-パ-ダ
イマで製作したパンチングメタルを雨ざらしの
まま吊るして4年半が経過しました。切断面や
パンチングの孔の小口に赤サビが見えるよう
になってきました。ただ通常の鉄材の錆びの
ように一気に一面に錆びが広がる事はありま
せん。少しずつ近づいてみていると目立つよ
うになった位の見え方です。

続編 ス-パ-ダイマパンチングメタルのその後 2013年5月30日


上記画像時からさらに1年経過。設置から
5年たった画像です。パンチングメタルの穴
の小口、板の切断面に明らかに赤錆が目
立ってきました。

ただパンチングメタルパネルの面に広がって
いる様子は、いまだにあまり目立ちません。

あとメッキでない板に対してのパンチングメ
タルとしては十分な耐久性だと思います。

続編 ス-パ-ダイマパンチングメタルのその後 2015年10月01日


ス-パ-ダイマのパンチングメタルの上記
画像の2年5箇月後、この場所に設置した
2008年2月から7年8か月の画像です。
パンチングメタルパネルの切り口や穴の
空いている小口の錆は、上記とは特に進
行した様子はないのですが、正面から見
て、鍍金部が薄まり少し赤っぽく感じられ
る箇所が出てきました。ベランダなど手に
触れるような場所で使うとしたら、そろそ
ろ交換したくなるイメ-ジです。ただ実際
には、錆びてどうしようもない状態ではないので、設置場所や用途によれば問題ないと判断される
ユ-ザ-様もおられるかもしれません。鉄材系でこの状態(雨ざらしで何の掃除もせずそのままの
放置状態)で、現状程度の劣化ですむとは、私自身も思いませんでした。せめて汚れなどを拭くな
どすこしの手入れが有れば、変わるかもしれませんが、一つのパンチングメタル材料としていい研
究結果が身近でできたと思います。 2015年10月2日



パンチングメタル関連おすすめサイト

パンチング屋どっとネット mail@punchingya.net 運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。

.