パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

パンチングメタル加工工程 +(2次加工のご紹介)

このペ-ジでは、パンチングメタル規格在庫品の大量生産用ではなく、様々な条件の物件対応
をするパンチングメタル別注製作の工程イメ-ジを紹介しています。パンチングメタルは、基本
的に下画像のような専用のパンチングプレス機(オ-ダ-別注製作)によって製作されます。材
質や板厚、金型・寸法等の条件により、機械も変わります。これらの機械は、一般的なタレパン
(タ-レットパンチプレス)のように縦横無尽に動くわけではなく、縦と横の垂直方向と平行方向
に限られますが、比較的トン数がありパワ-があるので、板厚の厚い物や数量が多い場合に
大きな金型幅での対応が可能になります。ただし製作前の準備には様々な微調整や技術が求
められます。また金型は自社制作で機械ごとの専用となります。ここ数年は、タレパンで複数本
の組型(クラスタ-)を用いての加工も多くなってきましたが、物件の条件や求められる製品の
品質を考慮してパンチングメタル製作方法を選択し、併用して対応しています。

150Tプレス パンチングメタル専用
150Tプレス パンチングメタル専用

55Tプレス パンチングメタル専用
55Tプレス パンチングメタル専用

タレパン式パンチングメタル加工
タレパン式パンチングメタル加工

パンチング加工前金型調整
パンチング加工前金型調整

旧パンチングメタル機 C型
旧パンチングメタル機 C型

パンチ部上部とストリッパ-
パンチ部上部とストリッパ-


パンチングメタルの金型



左画像はパンチングメタル
製作時に使う金型で、丸穴
で60度千鳥配列を抜く場合
の比較的小さな基本的な金
型です。(16本針)同じ孔・
ピッチでも材質や板厚が変
わると金型は変わります。

パンチングメタル歪矯正用レベラ-



パンチングメタル製作時には
左画像のような板の歪みが出
ますので加工後に右画像の
様なレべラ-で矯正が必要と
なります。材質や板厚により
様々なタイプのレベラ-があ
ります。

パンチングメタル製作後の加工

パンチングメタル製作後に物件とお客様の御要望により様々な機械加工を承っています。主な加工
として取付穴加工、曲加工、R加工、切欠き加工、溶接仕上げ、各種研磨仕上げ、表面処理などで
す。パンチングメタルは、全面に穴が明いている事から通常の板加工と比較するとその加工条件に
より色々な工夫が必要となってきます。下記には、主だった加工機械やイメ-ジ画像を掲載していま
す。お客様のお得意な加工やお立場、パンチングメタル物件状況により柔軟に対応致しますので、
ご相談下さい。
◆ 当社建築許可  大阪府知事許可 板金工事業/内装仕上工事業 施工管理技士在籍

シャ-リング(切断)
シャ-リング(切断)

曲加工(ベンダ-)
曲加工(ベンダ-)

左画像は、パンチングメタル加
工後に行うシャ-リング(切断)
と曲加工(ベンダ-右画像)の
イメ-ジ画像です。特化する程
ではないですが、パンチングメ
タルの場合、製品特有の工夫
が必要となります。

タレパン加工
タレパン加工

レ-ザ-加工
レ-ザ-加工

左画像は、パンチングメタル加
工後に行うタレパン加工(穴明
けや切欠き等)とレ-ザ-加工
のイメ-ジ画像です。特化する
程ではないですが、パンチング
メタルの場合、製品特有の工
夫が必要となります。



パンチングメタルの溶接仕上げ
や加工組み立ては、通常の板
加工に比べ沢山穴が明いてい
る為に穴を通し見える事、強度
や下地との関係、多少の歪み
が考えられる事など、最終の
仕上を想定して、精度や美観
を得る為には各工程において
綿密な検討が必要です。左画
像は某キャンパスの複雑な形
状のベンチ製作時の画像です。

当社パンチングメタル対応条件と2次加工

【当社取扱材質】
鉄板材 :鉄板(SPCC・SPHC-P・SS400・SS41 ) 表面処理鋼板(ボンデ・亜鉛鉄板(SPG)・スーパ-ダイマ)
ステンレス線材 :SUS304・SUS316・SUS316L・SUS310・SUS310S・SUS430・Ni(ニッケル) 他
ステンレス板材 :材質は線材同様。表面仕上(N0.1・2B・BA・HL(ヘヤ-ライン)・鏡面・バイブレ-ション)他
アルミ板材 : A1050P・A1100P・A5052P・A6063他 アルマイト仕上材(クリア)・輸入アルミ材 他
その他の取扱金属 : 真鍮・銅・ブロンズ・リン青銅・チタン・インコネル・ハステロイ・ヘルテン 他

【当社パンチングメタル製品加工】
ハサミ切断・ハンドシャ-・台切り・スリッタ-・型抜き・プレス加工・セットプレス・金網曲加工・シャ-リング
曲加工(各種ベンダ-・折り曲げ機・ロール)・レ-ザ-加工・タレパン加工・パンチ加工・セットプレス
旋盤加工・エンドミル切削・ボ-ル盤穴明・各種溶接加工(アルゴン溶接・スポット溶接・半自動溶接他) 他

【当社取扱製品表面仕上】
焼付塗装(アクリル焼付塗装・ウレタン焼付塗装・フッソ焼付塗装・メラミン焼付塗装・粉体焼付塗装・錆止め他)
各種研磨仕上(ヘヤ-ライン・バイブレ-ション・サテン・鏡面他) 
ショット仕上(サンドブラスト・ビ-ズショット他)
アルマイト仕上・電解着色仕上・電解研磨仕上・ワイヤ-ブラシ仕上・各種錆(さび)仕上
各種染色仕上(黒・赤)他

【当社製品寸法の単位表記】
mm(ミリ)・m(1m=1000mm)・尺(1尺=303.03mm)・寸(1寸=30.3mm)・フィ-ト(1フィ-ト=304.8mm)・㎡(平米)
μ(ミクロン) 1000μ=1mm・kg(1kg=1000g)・mesh(メッシュ) 1インチにおける網目数・mm目・φ(パイ) 他

【パンチングメタル製品の単位表記と意味】
穴の大きさ:φ(パイ)、D = DIAMETER = 穴の直径 P = CENTER PICH = 穴と穴の中心から中心
T = THICKNESS = 板の厚み 穴の配列(60度千鳥・45度角千鳥・並列・逆千鳥)

【当社取扱製品のJIS規格】 パンチングメタルはJIS規格なし。
エキスパンドメタル JIS G 3351 ・ 溶接金網 JIS G 3511 ・ 菱形金網 JIS G 3552
クリンプ金網 JIS G 3553・亀甲金網 JIS G 3554 ・ 織金網 JIS G 3555
工業用織金網 JIS G 3556 ・ 標準ふるい JIS Z 8801-1

【建設業の許可】
大阪府知事許可(般-26) 板金工事業/内装仕上工事業   2級施工管理技士在籍。



パンチングメタル関連おすすめサイト


パンチング屋どっとネット mail@punchingya.net 運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。

.