パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

パンチングメタル製品に歪みが起こる要因


パンチングメタルは、金属板に沢山の穴を明け
るパネルですから製作時には必ず歪み(左画像
)が出ます。(製作時にはもう少しひねっています
)原因はプレス加工をおこなって負荷がかかった
為板が不定期な方向に延びる為です。そして加
工後に矯正レベラ-で圧力をかけて伸びを分散
させ歪みを取ります。アルミ板などは製作時にか
かる負荷が少ない為、矯正レベラ-前にもあまり
歪んでいない場合も多く、問題になる事はほとん
どありませんが、鉄やステンレスのパンチングメ
タル製作時には、製作の条件により矯正レベラ
-作業を繰り返しても直らないケ-スがあります。下記は、歪が残る原因の代表的なものです。
パンチングメタルを企画される場合に御考慮頂きますようお願い致します。

① パンチングメタル寸法に対して、四方の余白(抜いていない部分)を多く取る場合。
抜いている部分と抜いていない部分の板の伸びが違うので分散できない。
箱曲げ用に曲代分の板を残す場合も同じです。

② パンチングメタルの開口率が高い物。
パンチングメタル加工時に板への負荷が高い為、伸びが多い。

①②が複合して歪が出る場合が多くあります。

【歪がなるべく出ないようにするためには】
全く出ない事は.物理的に無理ですが、製作側の技術的な事は多々ありますが、専門用語を使わ
ず簡単に説明しますと、板の条件に合った適切な金型を用い、あまり大きな金型を使わずパンチ
ングメタル加工時に板への負荷を軽減させ、適切な矯正レベラ-で歪を取る事です。(3本ロ-ル
不可)書くのは簡単ですが、常日頃から取り組んでいる難題です。

【歪が出てしまったら】
歪みが出てしまってからでは対処の方法が良いレベラ-を探して最善を尽くす以外ありませんが、
事前に想定して、取付穴を増やして押さえこむ、意図的に弓なり状に反らせて曲げ加工をするな
どの手を先に考える事です。よく他社製の問題のあるパンチングメタルを持ちこんで直してくれな
いかと相談を受けますが、申し訳ありませんがお断りしています。

当社では、ここに簡単な言葉で表現できない程の問題や、加工前には想定できないトラブルなど
を今まで多々対処してきました。その経験を生かしパンチングメタルの決定前にできる限りお客
様にご提案するよう心掛けています。



パンチングメタル関連おすすめサイト

パンチング屋どっとネット mail@punchingya.net 運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。

.