パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

アルミ複合板パンチングメタル加工 (パンチング屋どっとネット)

アルミ複合板パンチングメタル加工の画像
アルミ複合板パンチングメタル加工の画像

このペ-ジでは、アルミ複合板をパンチング加工
した製品をご紹介します。アルミ複合板とは樹脂
の板を表裏の薄いアルミ板でサンドイッチ状に圧
着させた板です。

メリットとしては、表面処理した板をそのまま抜く
ので、パンチング加工後の表面処理が要らない
事、厚みがある板でも軽いので、枠の溝などに
固定する、あるいははめ込んで取付する場合、
ある程度の厚みをかせぎ更に軽く、中が樹脂
なので、板厚の割に安いなどがある。
また、デメリットとしては、左画像のように穴の小口に黒い樹脂が見える事、パンチングメタル加工
の際樹脂のひげが残る事、表裏の板が薄いのでパンチング加工時に穴のまわりがダレるなどの
問題があります。

ただ定尺板の取り合いさえ悪くなければ、コストが安くなるケ-スもあります。

アルミ複合板パンチングメタル 2015年9月30日画像
アルミ複合板パンチングメタル 2015年9月30日画像

左画像は、アルミ複合版のパンチングメタル
を2011年5月11日に当社前の窓格子外部
に針金で吊るし、雨ざらしのままの経年劣化
を撮影したものです。
撮影は、2015年9月30日ですから4年4箇
月経過したことになります。複合版の表裏に
貼ってあるアルミの板は、特に目立った劣化
や腐食、見た目の色褪せもあまり感じません
が、穴の小口から見える樹脂部分に上部の
パンチングメタル仕上がり時に書いていた
ひげの様なものが増え劣化が感じられます
。パンチングメタル複合板パネルとしての
耐久性について、樹脂の劣化がどのように
関わるのかは、デ-タがないのでわかりま
せんが特にパネル強度が落ちたようには
感じられません。大きなパネルでの検証に
ついて、見てみたいのですが、現在場所が
なく、テストには至っていません。


パンチングメタル関連おすすめサイト


パンチング屋どっとネット mail@punchingya.net 運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。

.