パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

用途別パンチングメタルガイド 門扉用パネル編 


左画像は、門扉にパンチングメタルをつけた事例ですが、この事例は
非常に多くあります。市場には様々な使用やデザインの門扉があり
使う場所や、周りの意匠とのバランスなどご選択のイメ-ジは様々で
す。この事例でのパンチングメタルのメリットをあげますと、穴やピッチ
を変え、開孔率を変え、外からの見え方を思い通りに変えれる事、穴
を普通の丸穴でなく装飾金型すれば、門扉の見た目が大きく変わる、格子の門扉だとサムタ-ンな
ど手を入れて廻されたりするが、パンチングメタルを腕や指が入らない大きさにすれば防護できる事
、開孔率の調整で見た目もあるが、風(空気)が通るので中がこもらない、同じく光も通すので内部が
暗くならないなどなど。デメリットは、パンチングメタルはパネル単体だけで門扉としては使えないの
で、枠材や骨材は別途製作し、それにあとからパンチングメタルをはる事になるので、総コストがか
かる場合がある。(製作側との工夫で変わります)ステンレスのパンチングメタルの場合は、余程あ
らいピッチの金型でないとパンチング加工時、養生できないので裏面に傷がつくなど。
新規の物件の門扉用のパンチングメタルだけでなく、防犯や景観の目的で格子の既設門扉の上
から、ビス止め等で止めて使われたりすることも、多い事例です。その際にどのように固定するか
により、上部を曲げる、鍵などの部分を切欠くか分割する、既設の突起物、付帯金物(兆番)など
の付き方によっては、切欠きが必要な場合がありますが、その場合はご指示頂ければ、如何様
にも加工します。(専用金型が必要なもの以外)
お客様が一般の方で、どうしたらよいかわからない方でも、当社が実測に行く事は対応していま
せんので、地元の専門業者にご相談されるか、頑張ってイメ-ジ図と写真などで伝えて頂くと
当社は装飾金物施工の実績が沢山ありますから、想像して何とかやってみます。ただ、よく言わ
れる事で『門扉といえば大体決まっているのでしょ?』などと思ってらっしゃる方が一般の方に多く
おられますが、大体は決まってたり似ていますが、メ-カ-により位置が違ったり、経年劣化で
微妙に位置がずれたり、その他沢山の事で結局、動く金物はどれだけ実測しても、現場での微
調整が必要ですので、それに全く対応できない方は、専門業者に依頼された方が良いでしょう。
また一般の方で、ビスで止めるだけで済む方で、当方で塗装などの最終仕上げまでする方は、
『一般』を強調してください。板の切断口のバリを取るかどうかかを確認しなくてはなりません。
当社は基本的に金物業者様にお売りすることが多いので、ご希望を告げられない限り触りませ
ん。その他おわかりにくい場合ご相談ください。


パンチングメタル関連おすすめサイト 金網 エキスパンドメタル他


パンチング屋どっとネット mail@punchingya.net 運営:稲田金網株式会社 eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。
.