パンチングメタル専門サイト:パンチング屋どっとネット

Perforated Metal = PuchingMetal (和製英語)

パンチングメタルの規格在庫品や別注製作品を金型などの詳細情報、加工・施工事例、技術情報や商品画像を用いてご案内。

Q.ステンレス(SUS304)パンチングメタル規格品はメ−カ−によって規格が違う?


A.ステンレス(SUS304)パンチングメタル規格品は国内メ−カ−によって約85%以上は、
ほぼ穴やピッチの規格が似たパンチングメタルを大量生産されています。そのパンチングメ
タル規格は約90%以上が丸穴の60度千鳥配列で作られていますが、配列が並列であれば問
題はないのですが60度千鳥であるが故下記のような誤差がメ−カ−ごとの金型の固定ピッチ
によりでます。

【例】 8DX12P 1mX2m(1000mmX2000mm) 60度千鳥配列の場合 (あくまでも参考例)    2000mm方向は、12Pで抜いていくのでほぼメ−カ−が変わっても同じ。(多少の
誤差)  1000mmの方向は、金型固定幅の為、計算上 12PX√(ル−ト)3=0.7846・・・mmを 20.78mm又は20.8mmのどちらかに設定するかで抜き幅が変わります。
仮に94本抜いた(20.78÷2が半ピッチ)として、その誤差は93X0.02=1.86mm

1000の余白の振分けでは2mm位なので一見してわかりませんが、違うメ−カ−を並べると
穴が少しずれます。

継続品や加工方法をそろえたい時には、事前に確認する必要があります。パンチングメタルの規格がJIS等で基準が定められていない事としての1例です。

ただ上記の例はあくまでも規格の違いを表する為に用いた例ですので、金型精度のレベルが
上がっている今日では小数点2位まで設定されていますので頻度が多い孔ピッチの種類は同
じような金型づくりをしているものもあります。但しその規定はない為、上記のような現象
が多々ある為に説明致しました。



パンチング屋どっとネットmail@punchingya.net 
運営:稲田金網株式会社
eigyoubu@inadakanaami.jp
〒542-0063 大阪市中央区東平2丁目3番12号  TEL 06-6763-1201(代) FAX 06-6763-1204
本サイトに掲載されている記事並びに画像他、一切の情報の無断転載を禁じます。

.